なんでも荷物お預かりサービスご利用規約

    株式会社ベアーズ(以下「当社」といいます)は、当社が企画、運営管理するWebサイト「なんでも荷物お預かりサービス」(以下「当サイト」といい、当サイトで提供されるサービスを「本サービス」といいます)において、本サービスの利用規約(以下「本規約」といいます)を、以下のとおり定めます。

    第一章 総則

  • 第1条(適用)

    1. 本規約は、本サービスをご利用になる方(以下「会員」といいます)が本サービスをご利用される際の条件を定めたものであり、本規約等(第3項において定義します)の内容は、本サービスの利用に関する当社と会員との間の契約の内容になります。本サービスの利用を希望する方は、本規約等に同意した場合には、本規約等の内容を本サービスの利用に関する当社と会員との間の契約の内容とし、会員は本規約等に従い本サービスをご利用いただくことに同意するものとします。
    2. 本サービスは、本規約等についてご承諾いただいた会員に対してのみ提供いたします。会員が本サービスを利用することにより、本規約等をご承諾いただいたものとみなします。
    3. 本サービスについては、本規約のほか、個別の本サービス毎にガイドライン、説明書又は提携運送業者・提携倉庫業者(第3条第1項において定義します)が定める規約等(以下、総称して「ガイドライン等」といい、ガイドライン等と本規約と合わせて「本規約等」といいます)が適用される場合があり、ガイドライン等は本規約の一部を構成します。本規約に定める内容とガイドライン等に定める内容が異なる場合については、ガイドライン等が優先して適用されます。

  • 第2条(本規約等の変更)

    当社は、予め会員の承諾を得ることなく、本規約等の内容を変更することができるものとします。変更後の本規約等は、当社が別途定めた場合を除き、2週間の予告期間をもって会員に通知の上、適用されるものとします。
    会員は、本規約等の変更が行われた後に、本サービスを利用することにより、当該変更に同意したものとみなされます。当該変更に同意いただけない場合、会員は本サービスを利用することができません。

  • 第3条(当社の義務)

    1. 当社は、会員に対してインターネット上で物品保管を依頼することのできるシステムの提供を行うものであり、運送業・倉庫業を営むものではありません。 当社は、会員の寄託物品(以下「寄託物」といいます)の運送業務(以下「運送業務といいます」)及び保管業務(以下「保管業務」といいます)を、第三者(以下、委託を受けて運送業務を行う運送業者を「提携運送業者」といい、委託を受けて保管業務を行う倉庫業者を「提携倉庫業者」といいます)に、委託(再委託、再々委託等を含むものとして別紙2において定義します。)することができるものとし、会員はこれに予め同意するものとします。
    2. 寄託物は提携倉庫業者が指定した倉庫(以下「指定倉庫」といいます)に保管されます。

  • 第3条(当社の義務)

    1. 当社は、会員に対してインターネット上で物品保管を依頼することのできるシステムの提供を行うものであり、運送業・倉庫業を営むものではありません。 当社は、会員の寄託物品(以下「寄託物」といいます)の運送業務(以下「運送業務といいます」)及び保管業務(以下「保管業務」といいます)を、第三者(以下、委託を受けて運送業務を行う運送業者を「提携運送業者」といい、委託を受けて保管業務を行う倉庫業者を「提携倉庫業者」といいます)に、委託(再委託、再々委託等を含むものとして別紙2において定義します。)することができるものとし、会員はこれに予め同意するものとします。
    2. 寄託物は提携倉庫業者が指定した倉庫(以下「指定倉庫」といいます)に保管されます。

  • 第二章 利用登録

  • 第4条(会員登録)

    1. 本サービスの利用を希望する方は、本項以下の条件に従い会員登録を行うものとし、当社が会員登録の申込みについて承諾した方で、かつ次の各号すべてに定める条件を満たした方とします。
    ① 当社が利用を承認するクレジットカード会社が発行する日本国内で利用可能、かつ有効なクレジットカードを所有していること。
    ② 当社との連絡が可能な住所、電話番号を所有していること。
    ③ 日本国内に居住する満20歳以上の個人であること。
    ④ 成年被後見人、被保佐人、被補助人又は、破産者(復権を得た者を除く)でないこと。
    ⑤ 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていないこと。
    ⑥ 前各号の他、当社が本サービスの利用資格等を与えることを不適当と判断する事由がないこと。
    2. 前項に定める会員登録の申込(以下「本申込」といいます)を希望する方は、当社が定める所定の方法により、ご自身に関する真実かつ正確な情報を当社に送信するものとします。
    3. 当社は、前項に定める本申込に関する情報を受信し、同申込にかかる必要な審査により本申込を承諾する場合、会員による本サービス利用のための当社所定のID及びパスワード等(以下「ID情報」といいます)を当社が定める所定の方法により送信するものとします(以下「登録承諾」といいます)。当社の判断により、登録承諾しない又は登録承諾後解除する場合がありますが、かかる場合であっても、当社はその理由を説明する責任を負いません。
    4. 当社が登録承諾を行った会員は、本サービスを利用することができます。
    5. 会員による本サービスの利用に際し、当社が、登録承諾をした会員のID情報と、当該会員が入力したID情報とを照合し、当社所定の方法により一致することが確認できた場合、当社は、当該会員による本サービス利用を会員本人による正当な権限のある本サービス利用として取り扱い、当社は、当該本サービス利用によるトラブル又は生じた損害については、一切責任を負わないものとします。
    6. 当社はなりすまし等の不正によりID情報が使用されたことを発見した場合その他緊急の必要がある場合、当該ID情報にかかる会員に対し、事前に通知して当該ID情報による本サービスの利用の停止または当該ID情報を削除することができます。なお、当社が緊急の必要がある場合その他やむを得ない場合であると合理的に判断した場合において、かかる事前の通知は、停止または削除後ただちに通知することに替えることができるものとします。また、これにより会員または第三者に損害が生じた場合であっても当社はかかる損害につき一切の責任を負わないものとします。
    7. 会員が、本サービス利用の終了(以下「退会」といいます)を希望する場合、当社所定の方法により当社への届出を行うものとします。なお、退会の届出を行った会員は、退会時に全ての本サービスに関する権利を失うものとします。
    8. 退会の際、会員に当社に対する債務がある場合は、会員は当社に対する債務について期限の利益を喪失し、直ちに当社に対して全ての債務の履行をしなければならないものとします。

  • 第5条(個人情報の管理)

    1. 当社が取得する会員に関する登録情報(以下「個人情報」といいます)の取り扱いは、当社が別途定める「個人情報保護ポリシー」に従うものとし、会員はこれに予め同意するものとします。
    2. 当社は会員の個人情報を、当社と機密保持契約を結んだ業務委託先へ開示又は提供することがあります。

  • 第6条(届出事項)

    会員は、氏名、電話番号、クレジットカード情報その他会員登録事項が正確な情報であることを当社に保証するものとし、かかる事項に変更が生じた場合には、当社が定めた手順により変更の届出を行うものとします。会員による変更手続きの遺漏、遅延等によって会員が被った損害については、当社は一切責任を負いません。

  • 第7条(ID及びパスワードの管理)

    1. パスワードは、第三者に知られることがないよう定期的に変更する等、会員が責任をもって管理するものとします。
    2. 会員は、自らが設定したID、パスワード及びその他登録情報を第三者に使用させ、もしくは貸与、譲渡又は担保に供することはできないものとします。
    3. 会員に付与されたID及びパスワードの紛失、失念、又は無許可使用の疑義がある場合、会員は速やかに当社にその通知をするものとします。
    4. 当社は、会員によるID、パスワード等の管理不行き届き、第三者による認証情報の不正使用等により当該会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

  • 第三章 寄託物

  • 第8条(寄託価格)

    寄託物の寄託価格(寄託物を寄託した時の市場価格で計算した価格をいいます)は1梱包1万円とし、会員がこれを超える寄託物を寄託したとしても、当社は1万円を超える金額については賠償の責任を負いません。

  • 第9条(拒絶事由)

    会員は、次の事由がある場合は、寄託の引き受けを拒絶される場合があること、及び寄託物の引き取りを請求される場合があることを予め了承するものとし、引き取りの請求があった場合には自らの責任と費用において引き取りを行うものとし、当社又は提携倉庫業者は会員に対し、会員の費用負担で寄託物を送付することができるものとします。
    ① 寄託申し込みが本規約等によらないものであるとき。
    ② 寄託物が<別表1>のいずれかに該当するとき。
    ③ 寄託物が危険品、変質又は損傷しやすい物品、強い臭気を発する物品、荷造の不完全な貨物、その他保管に適さない物品と認められるとき。
    ④ 寄託物が第8条の規定による寄託価格に適さないと判断される場合。
    ⑤ 寄託物の保管に適する設備、必要な施設がないとき。
    ⑥ 寄託物の保管に関し特別の負担を要するとき。
    ⑦ 寄託物の保管が法令の規定又は公序良俗に反するものであるとき。
    ⑧ その他当社がやむを得ない事由があると判断するとき。

  • 第10条(免責事項)

    当社は、次の事由により生じた損害その他本サービスに関連して会員が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、寄託物についての損害の場合には1梱包あたり1万円を、それ以外の損害の場合には損害の事由が生じた時点から遡って過去3ヶ月に会員から現実に受領した本サービスの料金の総額を上限とします。
    ① 寄託物の性質、欠陥もしくは自然の消耗又は荷造りの不完全。
    ② 虫害。
    ③ 戦争、事変、暴動、テロ、騒擾及び強盗又は同盟罷業若しくは同盟怠業。
    ④ 地震、津波、高潮、塩害、大水又は暴風雨等の自然災害。
    ⑤ 徴発又は防疫。
    ⑥ 提携運送業者又は提携倉庫業者が通常払うべき程度の注意を払ったにもかかわらず発生した気温や湿度の変化による結露等。
    ⑦ 商品の内容が外部から目視できない場合において、外損を確知できない場合。
    ⑧ 前各号に掲げるものの他、抵抗もしくは回避することができない災厄、事故、命令、処置又は保全行為。

  • 第11条(保険の付保)

    会員は、寄託物に関する保険については、約款その他の方法により当社及び提携運送業者が協議の上決定することを予め了承するものとし、これに一切の異議を述べないもの とします。

  • 第四章 運送業務

  • 第12条(集荷)

    1. 会員から本サービスにより当社に集荷の依頼があった場合、当社は、提携運送業者に会員の氏名、住所等、集荷に必要な情報を提供し、集荷の手配をするものとします。
    2. 提携運送業者は、寄託物の品名又は運送上の特段の注意事項に疑いがあるときは、会員の明示又は黙示の同意を得て、寄託物の内容を確認することができるものとし、これにより生じた損害については、当社及び提携運送業者は一切の責任を負うものではありません。
    3. 提携運送業者は、寄託物が本サービスの利用に適する物品でない等の場合には、運送の引き受けを拒絶することができるものとします。

  • 第13条(引渡し)

    提携運送業者が会員から引き受けた寄託物は、当社の提携倉庫業者に引渡され、提携倉庫業者の倉庫において保管されるものとします。

  • 第五章 保管業務

  • 第14条(倉庫)

    1. 寄託物を保管する倉庫は、当社と提携倉庫業者間の協議によって決定するものとし、会員は指定倉庫を指定することはできません。
    2. 当社及び提携倉庫業者は、当社又は提携倉庫業者の都合により、会員の物品を保管する提携倉庫業者又は指定倉庫の変更をする場合があります。かかる場合の、寄託中の物品の移動に伴う費用については、当社又は提携倉庫業者が負担します。

  • 第15条(庫入、庫出その他の作業)

    1. 会員は当社が別に定める手順に従い、入出庫が可能となります。入庫、出庫時の配送依頼は会員自身で行います。
    2. 提携運送業者が会員に代わり指定倉庫からの寄託物の引き取りを行います。会員は、この場合の配送料金を当社が指定する方式にて支払うものとします。

  • 第16条(内容検査等)

    1. 当社及び提携倉庫業者は、寄託物の引渡しを受ける(倉庫への入庫を受ける)に当たり、寄託申し込み時に申告された寄託物の種類、数量又は保管もしくは作業上の注意事項について申告内容と相違がないか確認する目的で、寄託物の内容について検査することができるものとします。
    2. 当社及び提携倉庫業者は、その保管期間中、公的機関からの法令等に基づく要求を受けた場合、寄託物の内容について検査することができるものとし、会員はこれに予め同意するものとします。
    3. 当社及び提携倉庫業者は、寄託物の客観的状況に照らし、その内容に異常が認められると推定される等正当な事由がある場合、及び公的機関からの法令等に基づく要求を受けた場合、寄託物の内容について検査することができるものとし、会員はこれに予め同意するものとします。
    4. 会員は、第1項、第2項又は第3項の規定により検査が行われた場合において、寄託物の内容が寄託申し込み時の申告と異なっていたとき、かつ特殊な検査が行われた際は、検査に要した費用を負担しなければなりません。

  • 第17条(保管不適寄託物の処置)

    1. 当社及び提携倉庫業者は、次の事由がある場合は、会員に対して、相当の期間を定めて必要な処置を行うように催告することができます。
    ① 寄託物が変質、き損等により保管に適さなくなったと認められるとき。
    ② 寄託物が倉庫又は他の寄託物に損害を与えるおそれがあると認められるとき。
    2. 会員は、前項の催告を受けた場合は、遅滞なく必要な処置を行わなければなりません。
    3. 会員が、当社又は提携倉庫業者の定めた期間内に前項の催告に応じない場合、又は当社又は提携倉庫業者が催告をすることが困難な状況である場合は、提携倉庫業者は寄託物の廃棄その他の必要な処置を行うことができます。
    4. 前3項の処置に要した費用は、会員の責に帰すべき事由に基づく場合は、会員の負担とします。

  • 第18条(寄託物の出庫)

    1. 会員は、寄託物の返還を受けようとする場合は、当社の定めた方法により寄託物の受け取り先その他必要事項について連絡し、申告しなければなりません。
    2. 寄託物について所定の出庫手続きをした会員は、遅滞なくその寄託物を引き取る義務を負うものとし、当社又は提携倉庫業者は会員に対し、会員の費用負担で寄託物を送付することができるものとします。
    3. 会員が寄託物を引き取らないことによって発生した当社、提携倉庫業者その他第三者の損害は会員が賠償しなければなりません。また、会員が寄託物を引き取らないことによって発生した会員の損害は、当社、提携倉庫業者その他の第三者に請求することはできません。

  • 第19条(返還の拒絶)

    1. 当社、提携倉庫業者及び提携倉庫業者は、本サービスの料金、遅延損害金その他本規約等に基づいて会員が支払うべき金銭の支払を完了するまでは、寄託物の返還の請求に応じないことができます。
    2. 会員は、前項の規定による留置の期間中は、本サービスの料金と同額の金銭を支払わなければなりません。
    3. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、第1項の規定により返還の請求に応じない場合は、これにより会員に生じる損害については、賠償の責任を負いません。

  • 第20条(引取りの請求)

    1. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、寄託物の引き取りが行われない場合は、契約者に対し、当社が指定する日までに寄託物を引き取ることを請求することができます。
    2. 前項の請求を当社が定める方法により行う場合は、当社が指定する日までに引き取りがなされないときは引き取りを拒絶したとみなす旨を付記することができ、この場合指定する日までに引き取りがなされなかった場合には会員は引き取りを拒絶したものとみなされます。
    3. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、第1項の規定により指定した日を経過した後は、寄託物に生じた損害については、賠償の責任を負いません。
    4. 提携倉庫業者は、第1項の場合、寄託物の引き取り請求にかえ、寄託物の発送元住所を送付先に指定し寄託物を会員に送付することができます。その場合の配送料は会員の負担となります。

  • 第20条(引取りの請求)

    1. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、寄託物の引き取りが行われない場合は、契約者に対し、当社が指定する日までに寄託物を引き取ることを請求することができます。
    2. 前項の請求を当社が定める方法により行う場合は、当社が指定する日までに引き取りがなされないときは引き取りを拒絶したとみなす旨を付記することができ、この場合指定する日までに引き取りがなされなかった場合には会員は引き取りを拒絶したものとみなされます。
    3. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、第1項の規定により指定した日を経過した後は、寄託物に生じた損害については、賠償の責任を負いません。
    4. 提携倉庫業者は、第1項の場合、寄託物の引き取り請求にかえ、寄託物の発送元住所を送付先に指定し寄託物を会員に送付することができます。その場合の配送料は会員の負担となります。

  • 第21条(寄託物の処分)

    1. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、会員が寄託物を引き取ることを拒み、もしくは引き取ることができず、又は会員を確知することができない場合であって、会員に対して期限を定めて寄託物の引取りの催告をしたにもかかわらず、その期間内に引き取りがなされないときは、催告をした日から1ヵ月を経過した後は、寄託物の売却その他の処分をすることができます。ただし、寄託物が腐敗又は変質するおそれがあるものである場合は、引き取りの期限後直ちに寄託物の売却その他の処分をすることができます。
    2. 当社、提携倉庫業者及び提携運送業者は、第1項の規定により売却した場合は、その代価から本サービスの料金、遅延損害金延滞金その他の本規約等に基づいて会員が支払うべき金銭並びに売却のために要した費用を当社に支払い、残額があるときはこれに利息を付さずに会員に返還し、不足があるときは会員に対しその支払いを請求します。
    3. 会員は、第1項の規定による売却又は処分について、第2項の残額返還請求の場合を除き、当社、提携倉庫業者及び提携運送業者に対して一切の請求ができないものとします。

  • 第六章 利用料金

  • 第22条(利用料金の支払い)

    1. 会員は、<別表2>に従い計算された利用料金を会員登録の際に登録した本人名義のクレジットカードにより、会員とカード会社との間で別途契約した条件に基づき全額を支払うものとします。
    2. 会員のクレジットカードが失効その他の事情により、前項の決済が不能となった場合、会員は当社の指定する方法により、直ちに本サービスの料金を支払うものとします。なお、銀行振込により支払う場合の振込手数料は会員の負担とします。
    3. 一部の立替金等については当該額の計上期間等を別途定め、会員に告知します。
    4. 会員とカード会社との間で紛争が発生した場合は、当事者双方で解決するものとし、当社には一切の責任がないものとします。
    5. カード与信の不履行等で決済不能な場合、会員は当社の指示する方法で速やかに利用料金を支払うものとします。銀行振込を用いる場合の振り込み手数料は会員の負担とします。
    6. 当社は会員が支払いを遅滞した時、会員に対し支払いの不足が発生した日の翌日から支払日まで当該債務の残額に対し年利14.6%(1年を365日とする日割計算)の遅延損害金の支払いを要求できるものとします。

  • 第七章 意思表示

  • 第23条(当社の連絡方法)

    1. 当社から会員への通知又は催告は、当社が、次の方法で会員が通知又は催告に係る情報を閲覧できる状態に置くことによって行います。
    ① 会員が当社に登録した電子メールアドレスに当該情報を記録した電子メールを送信する方法。
    ② 会員が当社に登録した住所に当該情報を記載した書面を郵送する方法。
    ③ 本サービスに関するWebサイトに当該情報を掲示する方法。
    2. 当社が、会員登録の際に当社に申告された電子メールアドレス(会員より変更の届出があった場合は、当該変更届出後の電子メールアドレス)に電子メールを送信する方法で通知又は催告を行なった場合は、当該通知又は催告は即時に会員に到達したものとみなします。
    3. 当社が、会員登録の際に当社に申告された住所(会員より変更の届出があった場合は、当該変更届出後の住所)に書面を郵送する方法で通知又は催告を行なった場合は、当該通知又は催告は通常到達すべき時に会員に到達したものとみなします。
    4. 当社が、本サービスに関するWebサイトに掲示する方法で通知又は催告を行った場合は、通知又は催告に係る情報が当サイトに掲載された時に会員に到達したものとみなします。

  • 第八章 当事者の責任

  • 第24条(禁止事項)

    会員は以下の行為を行ってはならないものとします。
    ① 会員登録の際に虚偽の申告をする行為。
    ② 会員が本サービスに関し複数の登録を行う行為。
    ③ 不法に作成、入手したクレジットカード又はクレジットカード番号を用いて会員登録をする行為。
    ④ 本サービスの運営を妨げる行為及び支障をきたすと思われる行為。
    ⑤ 他の会員その他の第三者又は当社に迷惑、不利益、損害を与える行為又はそれらのおそれのある行為。
    ⑥ 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為、会員が所属する業界団体の内部規則に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為。
    ⑦ 本サービスを提供するサーバ、接続している他のコンピューター、システム等に不正アクセスを行う行為。
    ⑧ コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為。
    ⑨ 本サービスのネットワーク、又はシステムに過度の負荷をかける行為。
    ⑩ 本サービスの他の会員の情報収集行為。
    ⑪ 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為。
    ⑫ その他、当社が不適当と判断する行為。

  • 第25条(利用停止・会員登録の抹消)

    1. 当社は、会員が以下の各号の一に該当する場合、会員に事前通知することなく、当該会員の本サービスの利用の停止又は会員登録の抹消を行うことができるものとします。
    ① 過去に本規約等に違反すること等により会員登録の抹消処分をうけていることが判明した場合。
    ② 申告内容に虚偽、遺漏があった場合。
    ③ 本サービスの料金等の支払債務の履行遅延その他の不履行があった場合。
    ④ 登録クレジットカードの与信不履行が判明した場合。
    ⑤ 登録クレジットカード及び登録クレジットカード情報の不正利用、不正入手等の不法行為があったと判断される場合。
    ⑥ 会員登録の際に告知された電話番号を用いても会員と連絡が取れない場合。
    ⑦ 本規約等に違反した場合。
    ⑧ 当社、他の会員その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合。
    ⑨ 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。
    ⑩ 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合。
    ⑪ 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けた場合。
    ⑫ 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合。
    ⑬ 租税公課の滞納処分を受けた場合。
    ⑭ 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合。
    ⑮ 会員が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から3年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者)に該当すると当社が判断した場合。
    ⑯ 第4条第1項に定める条件を満たしていないことが判明した場合。
    ⑰ その他、当社が会員としての登録の継続を適当でないと判断した場合。
    2. 会員登録を抹消された方は本サービスの利用はできません。
    3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。
    4. 会員は、当社所定の方法で当社に通知することにより、自己の会員としての登録を抹消することができます。但し、会員が倉庫業者に寄託している寄託物が存在する場合には、会員が当該寄託物を全て受領した段階で登録が抹消されるものとします。

  • 第26条(第三者の損害)

    会員は、本サービスの利用に関連して、第三者から苦情の申出、損害賠償の請求等を受けた場合、これら申出、請求等についてはすべて会員の責任及び費用負担をもって解決にあたることに同意するものとします。
    第三者が当社に対し、会員による本サービスの利用に関連して、苦情の申出・損害賠償の請求等をした場合、当社は、当該会員に対して、当社が当該申出・請求等に対して要した一切の費用(弁護士費用を含む)を請求できるものとします。
    会員が本規約等に反し、又は不正に本サービスを利用することにより当社が損害を被った場合、当社は、当該会員に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

  • 第27条(本サービス提供者の責任)

    1. 本サービスに関連して会員と提携倉庫業者・提携運送業者その他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、会員の責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。
    2. 当社は、本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、会員の情報の削除又は消失、会員の登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して会員が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
    3. 本サービスから他のWebサイトへのリンク又は他のWebサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、当社は、第三者のWebサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
    4. 本規約等のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約等の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び会員は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

  • 第28条(会員の利用環境について)

    1. 本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア及び公衆回線等(以下「通信設備等」といいます)の準備は、会員の責任と費用負担において行うものとします。
    2. 会員は、当サイトの利用に支障をきたさないよう、通信設備等を自己の責任において維持管理するものとし、本サービスの利用に際し、通信事業者との間で発生する本サービス接続に関する諸費用を自己の責任において管理及び負担するものとします。
    3. 会員の通信設備等の状態や環境設定等によって生じた損害については、当社は一切の責任を負いません。

  • 第29条(会員の賠償責任)

    会員は、本規約等に違反したことにより又は寄託物の性質若しくは欠陥により当社又は第三者(提携倉庫業者及び提携運送業者を含みますがこれに限られません)に与えた損害については、過失の有無にかかわらず賠償の責任を負わなければなりません。

  • 第九章 サービスの停止、中止及び終了

  • 第30条(サービスの停止)

    1. 当社は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、次の各号の一に該当する場合、会員に事前に通知を行うことなく本サービスの提供の全部あるいは一部を停止することができるものとします。
    (1) システムの定期保守及び緊急保守のために必要な場合。
    (2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合。
    (3) 地震、火災、停電、戦争、事変、暴動、テロ行為、労働争議、その他の第三者による妨害行為などによりシステム
    の運用が困難になった場合。
    (4) その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当社が判断した場合。
    2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

  • 第31条(サービスの中止・終了)

    1. 当社は、本サービスの全部又は一部を当社の独自の裁量により、1ヵ月の予告期間をもって会員に通知の上、本サービスの提供を中止又は終了することができます。この場合、本サービス終了の日をもって、利用契約は終了するものとします。この場合、会員は速やかに自らの責任と費用において寄託物の引き取りを行うこととする。
    2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき会員に生じた損害について一切の責任を負いません。
    3. 本規約等に記載のない事項及び本規約等の状況の解釈につき疑義を生じた事項については、会員と当社担当員において相互信頼の精神に基づき、協議の上、穏やかに解決を図るものとします。

  • 第十章 その他

  • 第32条(会員の権利の譲渡禁止)

    会員は本サービスに関連する権利を第三者に譲渡、使用、売買、質入、担保、又はこれらに類する一切の行為を行うことができません。

  • 第33条(権利の帰属及び譲渡)

    1. 本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約等に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。会員は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。
    2. 当社は本サービスにかかる事業を他社又は会社分割等により譲渡(以下「事業譲渡等」といいます。)した場合、事業譲渡等に伴い利用契約上の地位、本規約等に基づく権利及び義務並びに登録情報を事業譲渡等の譲受人に譲渡することができるものとし、会員はかかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

  • 第34条(準拠法及び合意管轄)

    1. 本規約等は日本法に従って成立し、かつ解釈されるものとします。
    2. 本サービスの利用又は本規約等に関する事項について紛争が生じたとき、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに 同意します。

  • ご利用いただけない物品

  • 1. 現金(紙幣・硬貨)、有価証券、クレジットカード、キャッシュカード、印鑑、預金通帳、保険証券などの貴重品
    2. 希少性・独自性高いもの。また他に代替のきかないもの
    3. 貴金属製装身具、宝石、美術品、骨董品、その他の工芸・収集品等の高価な商品もしくは貴重品
    4. 精密機器、ガラス製品、陶磁器、仏壇・仏具その他の壊れやすい物品
    5. 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物
    6. 農薬、劇薬、火薬、毒物、化学薬品、放射性物質等の危険物また劇物
    7. 磁気を発し、その他の保管品に影響を与える物品
    8. 高級着物、毛皮コート、毛皮えり巻きその他の毛皮製品
    9. 長期保存が効かない食料品
    10. 動植物(種子・苗を含む)
    11. 液体物、廃棄物
    12. 異臭、悪臭を発する、又は発するおそれのあるもの
    13. 規約に定めた以外の管理を必要とするもの
    14. 専用ダンボール1個あたりの内容物の重量が20kgを越えるもの
    15. 法令により所持を禁止されている物品
    16. 遺骨・位牌・仏壇
    17. 鉄砲刀剣類
    18. 再発行が困難な書類など(受験票、パスポート、車検証類、各種チケット類)
    19. 再生不可能な原稿、原因、テープ、フィルムその他電磁記録媒体
    20. 個人情報又は企業の重要な情報が記録されている文書、フィルム、メモリーカードその他の電磁記録媒体などの特段の注意を要するもの
    21. 上記以外で、公序良俗に反する物品

  • 契約条件(契約期間・料金・約款の適用)

  • 1. ボックスタイプ

    ボックスサイズ

    組立外寸 490mm×380mm×320mm(専用ボックス※1)

    制限重量(1箱につき)

    20kgまで

    サービス提供エリア

    日本国内

    利用期間

    倉庫への入庫日を起算日とし倉庫からの出庫日までの期間

    専用ボックス料

    500円(税抜)(送料含む)

    月額利用料(1箱につき)

    350円(税抜)※2

    預入送料(1箱につき)

    月額利用料金に含む

    引出送料(1箱につき)

    1,500円(税抜)

    損害賠償責任の上限

    1箱につき10,000円まで又は第26条に基づく金額

    提携倉庫及び運送業者

    日本郵便株式会社

    適用される約款

    倉庫業務に適用される約款:「倉庫寄託約款」
    運送業務に適用される約款:「ゆうパック約款」※3

    ※1 1度引出を行った専用ボックスについては、再利用できません。会員が再度預入を希望する場合は、 改めてボックスを購入の上、預入手続きを申込むものとします。
    ※2 倉庫への入庫日を含む月(初月)の月額利用料は無料になります。
    ※3 ゆうパック約款の最新版は以下サイトにあるものとします。
    http://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/

    2. ダイレクトタイプ

    サイズ

    3辺合計240cmまで※1サイズごとに以下のコースとします
    小 (3辺合計120cmまで)
    中 (3辺合計150cmまで)
    大 (3辺合計180cmまで)
    特大(3辺合計240cmまで)

    制限重量(1荷物につき)

    20kgまで

    サービス提供エリア

    東京23区

    利用期間

    倉庫への入庫日を起算日とし倉庫からの出庫日までの期間

    月額利用料(1荷物につき)

    コースごとに以下の料金とします(全て税抜)
    小   400円 中   600円
    大  1,200円 特大 1,800円

    預入送料(1荷物につき)

    月額利用料金に含む

    引出送料(1荷物につき)

    コースごとに以下の料金とします(全て税抜)
    小および中  2,000円
    大および特大 4,000円

    損害賠償責任の上限

    1箱につき10,000円まで又は第26条に基づく金額

    提携倉庫及び運送業者

    浪速運送株式会社

    適用される約款

    倉庫業務に適用される約款:「標準倉庫寄託約款」
    運送業務に適用される約款:「標準貨物自動車運送約款」

    ※1 但し、宅配便業者が1人で運ぶことのできるものとします。